ラクトフェリンと抗菌作用

探偵さんが検証!ラクトフェリンならヨーグルト???

ラクトフェリンと抗菌作用

ラクトフェリンが抗菌作用や殺菌作用があるということで注目が集まっています。
これらの作用があるからこそ、ウイルスに強かったりするのですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 

●菌の生育には鉄分が必要!
菌が生育するには、鉄分が必要です。ラクトフェリンそのものが、鉄と結合する性質を持っているので、菌よりも先に鉄分と結合します。
鉄と結合することによって、細菌の繁殖を抑えることが可能です。
このことにより、免疫力をアップさせる効果があります。

 

腸内でも悪玉菌の増殖を抑える効果があります。このことによって、善玉菌を増やす効果があります。
腸内環境を良くすることによって、抗菌作用と殺菌作用があります。

 

●貧血予防効果も!
鉄分と結合することによって、貧血予防効果もあります。
現在、貧血だという人も改善効果が期待できるので、ラクトフェリンはおススメです。
特に、鉄を摂取しても貧血の改善が見られなかった人は試す価値があります。

 

菌を生育させない+貧血予防効果
このような効果があるのは、ラクトフェリン以外にはないでしょう。
病気になる前に予防効果があるということで、最近の予防医学への注目と共に、ラクトフェリンには注目が集まっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ